集客を仕組み化したい、年商1億円以下の企業のためのウェブ制作会社

電子書籍出版代行サービス


電子書籍出版で手軽にブランディング構築を

いま電子書籍を出版しブランディングを構築しようと考える人が増えています。 紙の書籍に比べると原稿枚数は少なく済みますし、アマゾンのおかげで誰でも出版出来るようになりました。
また、ただ出版するだけでなく、アマゾンランキングを攻略することが出来れば、ブランディングにも役立ちます。
各カテゴリのランキング1位であれば、それほど攻略は難しくないので、その実績を名刺やホームページに載せることにより、自社のブランディングに役立てることが可能です。

電子書籍の誰も知らない活用法

電子書籍の強みはブランディングだけではありません。
電子書籍を出版することで、実は優良の顧客リストを獲得することができます。電子書籍内に特典を請求できるフォームを入れることにより、そこから読者のメールアドレスを獲得することが可能です。
しかも紙の本とは違い、電子書籍はスマホなどの端末で読むものですので、ネットにつなぐことにより手軽にフォームから特典を請求することが出来ます。

つまり、電子書籍を出版することで、紙の本よりもはるかに効率よく顧客リストを獲得することが出来るのです。

電子書籍出版から大きな売上を期待できる

電子書籍出版を通じて、大きな売上を上げることができます。
これは印税収入とは別に、商品やサービスを販売することによって得られる売上です。
電子書籍から獲得した顧客リストに対して、自動でメールが届くような仕組みを構築することで、一定数の方が商品を購入してくれます。
特典請求からメールセールスまでの仕組みを自動化することが出来れば、ダウンロード数が増えれば増えるほど、自動で収入を得ることができます。

電子書籍出版の成果を最大化するために

電子書籍出版からブランディング、顧客リスト獲得、商品販売という3つの成果を実現するには、以下の3つの要素が不可欠です。
・多くの人が興味を持ってくれる書籍テーマ。
・読者が欲しいと思ってくれる特典。
・商品販売を自動化するためのマーケティング知識
弊社では、テーマ選定からバックエンド商品の販売を自動化するまで、豊富なノウハウを持っています。

弊社サービスだからこそ提供出来るサービス

弊社サービスは、単なる電子書籍出版だけではなく、「アマゾンランキング攻略」や、「売上アップの仕組みづくり」のサポートまで付いています。
他社のように出版できたら終わりというのではなく、最終的な目標である売上アップまでサポートをおこなっていきます。
電子書籍をブランディングに活用しながら、そこから顧客リストを獲得し、売上を上げる仕組みを構築できる。
1回の出版でブランディングと、顧客リストと、売上という3つの利益を手に入れられるのが弊社サービスの特徴です。

電子書籍出版代行サービス料金

【出版代行費用一式:20万円(税別)】

  • 電子書籍出版代行
    • 原稿編集、表紙画像作成、アマゾンへの登録などの作業一式
  • 電子書籍収益化サポート
    • リスト取り用ランディングページ作成(デザイン)
    • 商品販売用セールスレター作成(デザイン)
    • その他マーケティング支援、ランキング戦略アドバイスなど